にきびとさよならする方法

ニキビやしみ治療

意識したい生活習慣

ニキビの治療法背中にきびがなぜできてしまうのかと
いうと、汗腺がほかの部位より多く
あるためです。

もちろん、汗腺が多いというだけでなく、
洗いにくかったり、寝ているときに
仰向けになることが多いため、熱が
こもりやすいということなども
総合的に背中にきびの発生に関連しています。

背中にきびを改善するためには、顔のケアと同じように、
背中を清潔に保ち、保湿をすることが肝心です。

汗腺がたくさんある背中は、皮脂が多く分泌されるのに洗いにくいので、
清潔に保つのが比較的難しい部位です。

清潔に

持ち手の長いボディ用ブラシや長めのタオルを使い、
丁寧に全体を洗うようにしましょう。

シャンプーやリンスをして流したとき、背中に泡が残りやすいのも
にきびの原因になります。

保湿

すすぎを丁寧にし、背中に洗剤を残さないのが大切です。
ボディクリームや背中用化粧水で保湿をするとよいでしょう。

また、寝るときに使用するパジャマやシーツも頻繁に取り替えるようにし、
いつも清潔なものにしておくという生活習慣を身に着けましょう。

寝具による耐圧分散が鍵!良い睡眠のための寝姿勢

睡眠時間は十分なはずなのに、なんだかスッキリしなくて
疲れが取れないといった経験ありませんか?

日中の疲れやストレスを解消するためには、良質な睡眠が
必要なことは言わずもがなですが、実は、睡眠障害による悩みを
抱えている現代人は少なくありません。

この現代病とも言える睡眠障害と寝ているときの姿勢と
大きく関わりがあります。

本来人間の理想な姿勢は、背骨S字に緩やかなカーブを
描いている立ち姿勢の状態と言われています。

しかしながら、就寝中は理想の立ち姿勢と同じ状態を
キープすることは難しく、体に必要以上な負荷がかかるため
無意識のうちに、この状態を解消しようと寝返りを打ち、
体圧分散を図っているのです。

通常、一晩に20〜30回程度が理想と言われていますが、
柔らかい寝具では、寝返りを打つことができず、腰痛などの
原因を引き起こすことになります。

堅すぎる場合も同様に、体圧分散がうまくいかず、なんども体の向きを
変えるために、睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があります。

良質で充実した睡眠時間を得るためには、寝具選びが非常に
重要だということがわかります。

自分にあったマットレスを選ぶことで、正しい姿勢を保つことができ、
リラックスした状態で体を休めることができるのです。

Copyright(c) 2011-2018 nikibi All Rights Reserved.